HOME
中国ラバーについて
紅双喜
フレンドシップ
GLOBE
PALIO
海夫
銀河
SWORD
巨竜
TUTTLE
BOMB
LKT/KTL
三維
REACTOR
CTT
AIR
61SECOND
STARWOOD
三剣
その他
ラケット
中国粒高他
雑感
卓球中国ラバー専門店MASAKI
 
■フレンドシップラバー■
<画像1> 画像2 画像3
商品名 焦点T(FOUCUST)
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 中硬
タイプ 裏ソフト
重量 やや軽め
日付 2011年以前
感想 粘着テンションラバー。
粘着力はそれほど強くなく、微粘着と言うか言わないかというレベル。
粒が細く、シート自体の食い込みが良い。
やや軽めで、回転もよくかかる。
強い癖はなく、価格帯を加味すれば、かなりの優良ラバーだと思います。
もう古いラバーと言えますので、テンションと言っても、
心持な後押し程度。分からん可能性すらあるんだぜ。
おそらく、キョウヒョウ(ノーマル)なんかと使い比べれば、
ちょっとだけなんかある!と、感じると思います。

このレベルで使いやすいラバーはなかなかないですので、
2016年2月現在でもおすすめラバー。
<画像1> 画像2 画像3
<画像1> 画像2 画像3
商品名 焦点V(FOUCUSV)
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 中軟
タイプ 裏ソフト
重量 やや軽め
日付 2011年以前
感想 テンションラバー。
かなり軟らかいラバーです。
発売時期も焦点1と同時期ですので、
そこまで弾みに期待されると酷。
当時では、中国ラバーの中では一二を争う優良非粘着ラバーで
あったと思います。
その軟らかさが、癖の領域に達している気がしますので、
軟らかいラバーが好きならば、と、
高弾性レベルの弾みのラバーが欲しいならという条件付きでの
おすすめラバー。
ある意味、他のどのおすすめよりも一般向きなのかもしれませんね。

2012年 SHINPEバージョンが出ていますが基本はほとんど同じ。やや弾むかな?
<画像1> 画像2 画像3
商品名 超躍(HIGHER)
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 中硬
タイプ 裏ソフト
重量
日付 2011年以前
感想 粘着テンションラバー。
新パッケージが出たりしていますが、旧パッケージの物。
※新版もそう大きく変わっていない印象。
ほどほどに硬くぼちぼちある粘着。
フレンドシップのキョウヒョウという雰囲気のラバーです。
これも、テンションとしては古い型ですので、
心持のテンション。
テンションだよ!と言われたその雰囲気を楽しんでというレベルです。
安いキョウヒョウが欲しいならというところでしょうか。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 鋒魂(FASTER)
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 中硬
タイプ 裏ソフト
重量 やや重め
日付 2011年以前
感想 粘着ラバー。
これも新パッケージが出てますが超躍と同じく。
超躍よりやや軟らかい印象で、
超躍が、中国スポンジキョウヒョウなら、
鋒魂は、日本スポンジキョウヒョウというところでしょう。
その安いラバーが欲しければですね。
地味だけど意外と良い粘着ラバーですよ。
中国粘着って感じします。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 天翼
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 42°
タイプ 裏ソフト
重量 軽め
日付 2011年以前
感想 粘着ラバー。
これに関しては、兎に角軽いこと。
カット前55g前後なので、かなりの軽さです。
今ですと65gくらいで普通でしょう。
そういうラバーですので、
まず、かなり軟らかい。飛ばない。
軽くすることに特化してしまっています。
使うならそういう用途のみでしょう。
意外と、粘着はぼちぼち強め。

2016年 5月
以前はITTFロゴのない物が出回っていたりしたのですが、
今はちゃんとITTFあるものを出してるよ!とのこと。
折角取ったのになんでやねん。と、思ってしまいますが、
そういうとこ中国っぽいですよね。
私は嫌いじゃないですよ。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 729-5
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 42°
タイプ 裏ソフト
重量
日付 2011年以前
感想 微粘着テンションラバー。
硬くはないものの、やや厚めで遠い打球感。
それでも多少の食い込み感があるため不思議な感じがします。
がっつり切れるというより、切りやすいと感じるタイプかと。
球持ち球の出のバランスの関係で、初速は早目に感じます。
テンションではありますが、弾みが強くはありませんので、
シートの切りやすさと相まって、サーブなどは非常にやりやすいと思います。
値段もお手頃ですので、こんなものでしょう。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 新729-40s
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 44°
タイプ 裏ソフト
重量
日付 2011年以前
感想 粘着テンションラバー。
粘着はぼちぼちです。
硬度表記ほどは硬くない感じです。
スポンジが特徴的でなんだか台所用のスポンジを混ぜたかのよう。
すかすかです。
シートの粒が低いためか弾道はものすごく直線的に飛んでいる気がしました。
それ以上に目立ったのは打球音。
甲高い音が鳴り響きます。中国ラバーではこんなに音のするラバーは初めてです。
兎に角、今までのフレンドシップのラバーとはちょっと違う感じで
一度直接試してもらった方がいいかな?
なんて思えるラバーでした。

2012年追記 球持ち感の薄いラバーで、その分、球の出が早い。
パキャンパキャンなるこの音が一番の特徴だと思います。

2016年追記 40+球では音はそれほど気にならず。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 729-8
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 49°
タイプ 裏ソフト
重量 やや軽め
日付 2011年以前
感想 粘着テンションラバー。
みっちりしっかり系中国ラバー。
その王道といった感じのラバーです。
打ちごたえたっぷりなこのみっちり感は、
絶対好きな人にはたまらないと思います。
ちなみに私は好き。
弾みは普通の粘着レベル。
粘着はそれほど強くなく、回転量も粘着としては普通くらい。
バランスは程よい感じなので、特別抜けた性能でないことは、
それほど気にならないかと思いますが、
兎にも角にも、そういうみっちりラバーが好きか?にかかっていると思います。
安物チックなシートではないので、安心感の強いシート。 中国人はめっちゃ好きそう。
偏見かもしれませんけど。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 新精品
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度 46°
タイプ 裏ソフト
重量
日付 2011年以前
感想 粘着テンションラバー。
729−8より、よりみっちり中国粘着によったラバー。
粘着も強めで、弾みが上かは微妙なところですが、
回転量はこちらの方が上なような気がします。
というか、2016年現在、フレンドシップラバーでは、
一番の回転量かも。
ただ、そのみっちり感もなかなかのレベルなので、
そういうラバーを使うんだ!という意識のない方だと、
おそらく厳しいかと思います。
ほわーっと中国ラバーでも使ってみるか。というレベルだと危ない。
でも、やる気があるならチャレンジしてみてほしいラバーです。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 729-8ES
メーカー フレンドシップ
厚み 2.15mm
硬度 45°
タイプ 裏ソフト
重量
日付 2011年以前
感想 粘着テンション?ラバー。
テンションとするべきか微妙なところ。
(実はフレンドシップの粘着はほとんどそんな感じだけどね)
まあ、超躍をテンションと言うならOKかなという話。
あんまり弾むと、粘着との調和が取れなさそうですしね。

729−8が、 ザ、フレンドシップ!と言わんばかりのラバーでした。
そんなラバーを少し一般向けにした感じのラバー。
おそらく、弾み回転量等大きくは変わっていないはず。
打球感が肉厚感の強い物から、それよりやや薄い打球感に
変わったのが大きな違いであると思います。
それ好きな人しか無理そうなラバーが、少し一般向きになったって感じ。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 新トップポイント
メーカー フレンドシップ
厚み 2.0mm
硬度 40°
タイプ 裏ソフト
重量 軽い
日付 2012年 6月頃
感想 テンションラバー。
おそらくシート自体はほとんど変更はありません。
硬度的にも似たようなもの。
弾みはぼちぼちで、割としっかりした打球感。
ですが、しっかりした打球感で軽いものって少ないんですよ。
2.0mmではありますが、カット前で50g代半ば。
かなり軽いですよ。
と、フォア向きではないので、バック面、裏面向きでしょう。
後付け加えるなら、赤に灰色スポンジはなんか気色悪いです!

2016年
以前はあまり回転がかからない気がしたんですけど、
思っているよりかはかかっていそう。
少しシートが変わったのかもしれないが。
まあ、軽目のみっちり系しかも非粘着は希少ってことで。
画像2 画像3
商品名 AURORA
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 42
タイプ 裏ソフト
重量 標準
日付 2013年8月
感想 裏ソフトラバー。
非粘着で、一応、気泡の荒い系スポンジ搭載、ということでいいのかな。
打った感触はそれです。
ポワン、パキャン!した打球感。
食い込みよく、球持ちもよいのですが、引っ掛かりはあまりありません。
なので、回転面はさほどでもないですが、逆に回転の影響を受けにくいところが魅力。
弾みはぼちぼち。フレンドシップとしては頑張っている方かと。
何はともあれ、フレンドシップのラバーでは珍しいタイプのラバーでしょう。
そんな印象を与えながら、やっぱりフレンドシップのラバーだ!
という印象も与えるのだから、毎度、フレンドシップすげー!と、
ちょっぴり思います。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 BATTLE1
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 42
タイプ 裏ソフト
重量 標準?やや重め
日付 2014年8月
感想 テンションラバー。
天弓5のフレンドシップ版と言えば分かりやすでしょう。
ほんのわずかですが、こちの方が軟らかいかと思います。
系統で言うなら結局、程よくほんのり硬い中国テンションで、
どちらを選ぶか、ホントにお好みでとなるかと。
価格で選ぶなら間違いなくこちらでしょうけどね。
普通に良いラバーですよ。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 BATTLE2
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 47
タイプ 裏ソフト
重量 重め
日付 2014年8月
感想 裏ソフト粘着ラバー。已打底。
プラスチックボール云々でややこしい時期にぶっこんできた
本格派粘着ラバー。
普通なら、あいつあほや。という話になるところ
そうはならないのが、さすがフレンドシップ!
弾みも良好、回転性能も文句なしで、
個人的には評価 キョウヒョウ3NEOよりがっつり上です。
まあ、出た時期に差はありますが、一度試してみてください。
系統的には、みっちり中国粘着ラバー系已打底。
やっぱりフレンドシップのそれっぽい物で、性能よい物を
ご想像していただければ、おそらくばっちりそれです!
<画像1> 画像2 画像3
商品名 729SUPERFX黒スポンジ
メーカー フレンドシップ
厚み 2.0mm
硬度
タイプ 裏ソフト
重量 やや重め
日付 2015年2月
感想 裏ソフト粘着ラバー。
一応、テンション系ということでいいのかな。
ケーキスポンジタイプのブラックスポンジ。

みっちりした打球感の729が、
ほんの少し、ぽん!と弾むようになっています。
ほんの少しだよ。
シートは変わらずなはずなので、肉厚系まま。
粘着も微粘着。

昔からのシートなので、分かる方には、
安心安定なフレンドシップラバーなはずです。
硬くなく、肉厚感が良くも悪くも、
手とボールの距離感を感じさせてくれるので、
分かりやすいラバーかと思います。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 PEA729-8とES
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 45
タイプ 裏ソフト
重量 やや重め
日付 2016年7月
感想 裏ソフト粘着ラバー。已打底。
PEA729−8(以後ノーマル)とPEA729−8ES(以後ES)。
少しスポンジが違うかもしれませんが、
基本的には已打底になったそのラバー。

ノーマルはやや直線的な弾道で、食い込みにくい。
がっつり粘着ラバータイプですね。

ESは、ノーマルをやや使いやすくしたタイプ。
ほんのり食い込みよくして、直線弾道ではなくした。

回転面では、フレンドシップなんで十分。
断然かかる方でしょう。
弾みの方は、もとが弾むラバーではありませんので
已打底にしたらこんなものかなという程度。
粘着ラバーっぽい粘着ラバーといったらそんな感じなのかも。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 BATTLE2PRO
メーカー フレンドシップ
厚み 2.1mm
硬度 38
タイプ 裏ソフト
重量 やや重め
日付 2016年6月
感想 裏ソフト粘着ラバー。已打底。
バトル2は非常に良いラバーだと思うんですよ。
で、その省チーム用。PROという形にしております。

まず、食い込ませやすくなりました。
ノーマルでも食い込ませにくいラバーではなかったのですが。
そのため、絡むような持ち感が出ています。
この感覚は、今のところ、まず他にはないかと。
そこだけなら、もしかしたらMAZEあたりと近いかもしれませんが。

と、絡み飛ばせるんですわ。
ぎちーっと包んで掴んで、ドカンと擦り飛ばせる。

なんと言えばいい物か、安ラバーとは訳が違うから
一緒にすんなよ!みたいな感じでしょうか。
一つ上、二つ上のラバーでしょうね。
回転もかかりますし、弾道はやや上とするべきでしょうけど、
これだけ包めれば、あんまり気にせずラケットの角度で
普通に調節できるんじゃないの?
落ちやしないって。

まあ、うちの扱いラバーでは断然上のラバー。
他が悲しくなるからここに載せない方が良いかもしれないくらい。
<画像1> 画像2 画像3
商品名 RAYHEとSTOLZ
メーカー DERWIND
厚み 2.1mm
硬度 45と40
タイプ 裏ソフト
赤黒
重量 やや軽め-標準
日付 2016年11月
感想 裏ソフトテンションラバー。ドイツラバー。
ブランド名はDERWINDで、ドイツ系のラバーはこちらで扱っていく
というフレンドシップの方針のようです。

性能云々というより、ドイツラバーであれば、
近そうなラバーを上げた方が話が早いかと思います。

ラウンデルとか、そのあたりのラバー。

使いやすいですよ。
性能もちゃんとドイツラバー並。
品質も多くは見てないですが、そのはず。
ただ、わざわざ海外から取り寄せてとなると
若干、ラウンデルでよくない?ってなるわね。
どう考えてもラウンデルより高くなるし。

珍しいラバーが好きならでしょう。
画像1 画像2 画像3
商品名  
メーカー フレンドシップ
厚み 2.2mm
硬度  
タイプ 裏ソフト
重量  
日付  
感想 2017年12月
フレンドシップ
通称729。
まあ、ブランド名なんだけど、どっちか言うと、
通称とした方が私にはしっくりくる。
最近、DERWINDなるブランドも作ったよう。
729全中版シームレスボール結構良いよ。
バトル2プロも良いよ。

追加予定だよ!